茶飲みアリクイ雑記帳

大好きなお茶の話やオオアリクイのグッズ収集、たま~にうちのにゃんこ(カメラ嫌い)の話などなど … 身の丈に合った生活を楽しんでおります。

名前がたくさん!

f:id:sacodesu:20201209110617j:plain

秋から冬にかけて大活躍していたルピシアの「栗」もこれが最後の一杯になって

しまいました。最後ぐらい格好良く撮ってあげたくてこんな感じにしてみました。

しかし緑茶とはいえフレーバーがついているものはジャンジャン飲まないと

香りが飛んでしまいますねぇ… もったいないと思って大事にチビチビ飲んで

いたら香りがもう上辺だけになってしまいました。なんてこったい。

来シーズン購入する時には気を付けよう!

 

f:id:sacodesu:20201209110933j:plain

冬のこの時季は天気の良い日、できれば朝の9時ぐらいから午後の3時ぐらいまでに

撮らないと水色(すいしょく)が綺麗に撮れません。

この日は10時半頃でした。薄曇りだったけど日差しは届いていたので美味しそうに

撮れて良かった~!

湯呑は昨年カインズで買ったシンプルで一番安いもの(笑)

真っ白でお茶の色が綺麗に見えるので良いです。

茶托は30年以上も前、新婚時代に購入した安い樹脂製ww

 

f:id:sacodesu:20201209111642j:plain

ニチレイ今川焼 あずきあん」

今でこそ「今川焼」と呼んでいるこのお菓子。小さい頃私は「太鼓まん」と

呼んでいました。当時近所に焼きたてを売っているお店があり、冬の寒い日、

父がよく散歩の帰りに買って来てくれたんですよね。

「おい、おやつまだやろう? 太鼓まん 買ってきたけ、食わんか?」

という感じで。

父親は当時仕事(遠洋漁船員)の関係で1年のうち合計で一カ月弱ぐらいしか

一緒にいられなかったんですが、家にいる時はこんな風によく甘い物を買って

くれました。

なので当然「これは太鼓まんというものなんだ」と思っていたんですよね。

ところが小学校に入って新しい友達が出来たらなんと「太鼓まん」が通じない。

絵を描いたり「中に小豆あんが入っているんだよ」とか説明してやっとわかって

もらえたんですが「えー、それは 今川焼 っていうんだよ」と……

それからはずーっと今川焼と呼んでいたんですが、20代の頃に勤めていた

会社で同僚の年上の女性が何かの話の途中で 回転焼 という言葉を口にして。

私たちは「え、回転焼ってなぁに?」と。

よくよく訊いてみたら、彼女は今川焼のことをそう呼んでいたのでした。

その方は関西のご出身だったので、これはもしかしたら「太鼓まん」というのも

父の出身地の方での呼び方なのでは…? と思ったんですよね。

(調べてみたら実際に西日本の一部の地域でそう呼ばれているようです)。

他にも簡単に おやき とか逆に 御座候  なんていう凄い名前で呼ばれたり

するみたいで地方によってたくさんの異名があるみたいです。面白いですね!

 

f:id:sacodesu:20201209114913j:plain

今川焼、もちろん今でも大好物です(実はあんより皮のところが好き)。

ほかほかの太鼓まんのお店は私が小学校2~3年生になった頃にはもうつぶれて

しまいました。でも「父がよく買って来てくれた」「美味しかった」という記憶は

子ども心によほどうれしかったのか、長く残るものなんですね。

今はこうして冷凍で売られていて、いつでも手軽に食べられてうれしいです ♪

 

*************************************

 

 

f:id:sacodesu:20210116002213j:plain

ところで話は変わりますが…

先日チラッと書いたサンリツさんのプレゼントキャンペーンで当たった

キティちゃん&源氏パイのテレカ、探したところ無事みつかりました~~~!

商品パッケージのデザインが現在のそれとはだいぶ違っていて、時の流れを

感じてしまいました。

 

 

 

 

 

の~んびり

f:id:sacodesu:20201216104652j:plain

お正月も終わりましたが、緊急事態宣言下で自粛中ということもあって

積極的に外出する気持ちになれません。

…というかホントのところは緊急事態宣言うんぬん以前のお話で、この時期に

軽い気持ちで外出すると、商業施設の過剰な暖房でのぼせて気持ち悪くなるから

だったりします。

毎年思うことなのですが、あれってもしかしてお客さんに合わせているのじゃ

なくて、店員さんの着ている薄手の制服に合わせて温度設定をしているん

でしょうか。

冬なのに汗をびっしょりかくほどの暖房って… 本当に必要?

 

f:id:sacodesu:20201216105450j:plain

例の薄~いお味のティーバッグのダージリン

 

早く飲み切りたいので 別の意味でヘビロテ しているところです。

娘は最近「温かいお茶」ならストレートティーでもほうじ茶でもなんでも

いいとのことなので消費に一役かってもらっております。

娘に「このお茶薄いよねぇ~」と言ったら「え、そう?」ですって。

やっぱりアータ、ちょっと味オンチですわ(笑)

それに「温かいお茶なら何でもいい」って、それもどうなの……(笑)

 

f:id:sacodesu:20201216110029j:plain

三立製菓源氏パイ

サンリツさんのロングセラー!

お茶菓子としてはもう定番中の定番ですよね。

形が似ている別のお菓子さえ一瞬

「あ、源氏パイだ!」

と錯覚しちゃう(笑)

サックサクで美味しくて、写真にとってもバッチリ映えます。

そういえば昔サンリツさんのプレゼントキャンペーンに応募して、

キティちゃんの可愛いテレホンカードが当たったのを思い出しました。

まだ大事に取ってあると思うので、もしみつかったら後日画像を

載せますね。みつからなかったらすみません💦

 

f:id:sacodesu:20201216115303j:plain

部屋の暖房を少しの間消して(あるいは弱めて)、温めておいたカップ

熱々のお茶をたっぷりと…

家から出ない冬も、それはそれでまた楽しいものです。

 

 

 

 

ショコラ・カロ

f:id:sacodesu:20201210111618j:plain

夫の勤め先では年末から1月半ばにかけてのこの時期、いつものお茶の時間に

「えっ!?」と思わず二度見するような、高級なお茶菓子がお茶請けとして

ふるまわれている模様であります。

おそらくお歳暮やお年賀等に頂いたお菓子を社員のお茶の時間に回してくださって

いるのでしょう。ありがたいことです。

でも、そんな高級スイーツを例によって夫が食べずに持ち帰って来てですね、

お決まりのひとことを放つんです。

 

「これ、会社でお茶の時間に貰ったからやるよ!

映えると思ってさ (・∀・) !!

 

……う、うん。ありがとう。

うれしいけどさ、そんなに気を遣わなくてもいいよ。

毎日残業で帰りも遅いんだし、たまには会社でありがたく美味しいお菓子を

食べながら休憩したらいいのに…… と思ってしまうんですよね。

 

f:id:sacodesu:20201210113139j:plain

こういう高級なスイーツこそ、いつも頑張って働いていることへの

「ご褒美」として味わって食べるべきなんじゃないのかえ??

チョコレート味なんて、むしろあなたの好きなコーヒー向けのスイーツじゃん。

自分が好きでやっているブログなんだから、そんなに気を遣ってくれなくても

いいんだってば… 

 

 

 

f:id:sacodesu:20201210113436j:plain

ラ・マーレ・ド・チャヤ「葉山のショコラ・カロ」

葉山の名店「日影茶屋」系列の「ラ・マーレド・チャヤ」のスイーツ。

神奈川県民でチャヤの名を知らない人はまずいないでしょう。

行ったことはないけれど、こんな田舎住みの私にさえその名と評判だけはガンガン

聞こえておりますです(笑)

 

口いっぱいにね~~っとり広がる濃厚なチョコレート味のお菓子。

これは ラグノオの「ポロショコラ」とか、霧笛楼の「横濱煉瓦」とかと同じ系統の

濃厚~~な高級スイーツですな。

それらの濃厚なチョコレート菓子がお好きな方なら「間違いない味」だと

思います。オレンジピールを刻んだのも入っていて香りも良く美味でした。

 

(これ系のお菓子には甘みをつけないミルクティー

できれば シナモンミルクティー が良さそう…

 

とすぐに思いついたんですが、実はこのところ胃腸の調子がイマイチなので、

あえて当たり障りのない例の「リージェントなんたら」のダージリン

ティーバッグを淹れました(こういう時には逆に良いかも!)。

これ系のこってりしたコクのあるチョコレート味のスイーツって調子がいいと

2切れぐらいペロッといけるのですが、近ごろは胃もアラ還になってしまって

ダメな時は本当にダメなんです。

もう15歳ほど若ければ買いに走ったかもしれないほど美味なんですけどね…

 

f:id:sacodesu:20201210115712j:plain

薄~いけれど、見方を変えれば「なんにでも合う」とも言える便利なお味。

リージェントさん、決して不味くはないです。

ただ、せっかくのダージリンなのに薄すぎるのが切なすぎるだけ。

今日はさらに粘って3分蒸らしてみましたが、それでも薄かったです。

もう諦めました。

今後は割り切ってこういう使い方で消費して行こうと思います。

 

f:id:sacodesu:20201210121407j:plain

今回は私の勝手な胃袋事情でこのようなティータイムになってしまいましたが、

皆さまが濃厚なチョコレート菓子と合わせる時はぜひ

シナモンミルクティー  をおススメします!!

 

 

 

 

べこ餅

f:id:sacodesu:20210102132652j:plain

年末年始に家族でお茶を飲むならやっぱり日本茶と和菓子が良いかなと思い、

お正月はこんな組み合わせで楽しんでみました。

 

f:id:sacodesu:20210102134209j:plain

茶葉は白形傳四郎商店さんの「新緑」という上級煎茶です。

先日ご紹介した普段用の玄米焙茶と一緒に購入したもの。

 

今年から日本茶の勉強を始めたのですが、日々目からウロコが落ちています。

60年近くも生きて来たのに日本茶のことを自分はなにも知らなかったんだな…

と思うと恥ずかしくてたまりません。

この日は袋に記載されている通り少し冷ました湯で淹れて、大変美味しく

頂いたのですが、後日抑えきれない好奇心からやかんで沸かしたての熱湯で淹れて

みたところ、

ま~ぁ、とんでもないことになりました(笑)

 

ほうじ茶のように沸騰したての熱湯で淹れるのではなく、かといって玉露ほど

低温で淹れるのでもなく、ちょうどその中間の温度で飲むのが上級煎茶。

適温を守ることがいかに大事か がよーーーくわかりました。

いや本当に、沸かしたての熱湯なんかで淹れるもんじゃありませんわ。

沸かしたての熱湯で淹れる紅茶の基本とはまさに 真逆 なんですよ。

ずっと紅茶ばかり飲んできたので、うっかりすると間違えそうで怖いわ…

 

f:id:sacodesu:20210102135832j:plain

野島製菓「べこ餅」

べこ餅自体は北海道でも東北地方でも食べられているそうですが、この可愛い

木の葉型のものは北海道独特のものだそうです。

べこ餅という名前の由来は諸説あり、黒と白のコントラストがべこ

(牛=この場合はホルスタイン)に似ているからとか、ベッコウの柄(模様?)の

入り方に似ているからとか、他にも米粉(べいこ)が原料に使われていたから等々

いろいろのようです。

家族全員初めて食べるお菓子だったのですが、思ったよりもしっかりと歯応えが

あって、もちっもちっとして食べやすかったです。

生地の硬さや食感はすあま(すはま)によく似ていて甘さも同じぐらい。

ただ、お餅の焦げ茶色の部分が黒砂糖味なのが珍しく、

それがとても美味しかったです~~ (*´﹃`*)!

お餅っぽいものに黒蜜をかける(信玄餅や久寿餅など)タイプはよくあるものの

お餅そのものに黒砂糖の味がついているお菓子は珍しいと思います。

北海道ではよく5月5日の子どもの日、端午の節句に柏餅の代わりに食べるそう

なのですが、お正月のようなハレの日に食べても良いそうです。

こちら(私は神奈川県在住です)では見かけないお菓子だった上に美味しくて

家族にも好評、話も弾んだので買って良かった~。

 

f:id:sacodesu:20210102142454j:plain

ちなみに湯呑み以外の3点、半月盆とお皿と茶托はぜ~んぶ100均ちゃんです

(湯呑みだけは20代の頃に勤めていた会社でせっせせっせとポイントを貯めて

ゲットした品で木箱入りのそこそこ良い品物)。

 

お目の肥えた方から見たら「フン、安物w」と鼻で笑われるような食器ですが、

我家にはこれぐらいがちょうど良い。目指すは「ちょい高見え」です。

これらは100均という共通点はあるものの、お店も購入時期もバラバラ。

それらを後で引っ張り出して来て組み合わせた形ですが、自分ではこのシブ~い

組み合わせを結構気に入っていたりします(笑)

 

 

 

 

 

玄米入焙茶

f:id:sacodesu:20201214150139j:plain

昨年の秋、紅茶アドバイザーの試験を終えた頃でしたか

(もし、これに受かったら次はどうしようかな)とふと考えておりました。

(ブログのタイトル「茶飲みアリクイ」なんてつけちゃったけれど、この一年

ほとんどが紅茶のことばかりだったなぁ…)

もちろん自分の中では数ある「お茶」と名がつく飲み物の中でも一番好きな

風味である紅茶についつい偏ってしまうのは自然なことではあるんですが、

やっぱりそろそろ次のステップに移行しなくちゃいけないと思っていました。

 

f:id:sacodesu:20201214151243j:plain

というわけで、まずはとっつきやすい日本茶、それも日常のお茶としてよく

飲んでいるようなものから少しずつステップアップしていきたいと思います。

… という訳で「自分の好きな味のお茶からいってみよう!」と思い立って

白形傳四郎商店さんの「玄米入焙茶」を淹れてみました。

茶葉はこんな感じ。

 

お茶の要素っていくつかあって人によって重視する順番が違うと思っているの

ですが、私は(日本茶に限りませんが)まず「香り」ありきだと思う派だったり

するので、あまりお作法とかに関係なく飲めるカジュアルなほうじ茶は入門編と

して最適だと思ったんです。

 

玉露や煎茶に比べてお値段がグンとお安い!

湯冷ましの必要がなく熱湯で淹れてすぐ飲める!

カフェイン少なめなので夜でも気にせずグビグビ飲める!

 まず、失敗はないはず。

 

f:id:sacodesu:20201214152744j:plain

ああ~、良い香りです。

紅茶と違って華やかな香りではありませんが、とても落ち着きます。

よくドラマなどで感情的になって取り乱した友人に女性の主人公が

「まあまあ、お茶でも飲んで落ち着いて…」

なんていうシーンがありますが、そういう時に出す「お茶」は紅茶ではなく、

ましてやコーヒーでもなく、日本茶だ! ……と思うんですよね。

より内省的な香りというか…

 

f:id:sacodesu:20201214153627j:plain

こちらも白形傳四郎商店さんで購入した「安納芋の甘納豆」

その見た目から「これはたぶんルピシアで前に食べた "茶実(安納芋)"の

ような味かな?」と思ったらピンポンでした。美味しい~ ♪

ただ、こちらのお芋は鮮やかなオレンジ色でやや小粒。形も結構バラバラです。

美味しい上に添加物が入っていなくて安心なのもポイント高いですね。

パワーストーンお好きな人にはピンとくるかと思いますが、アレに似てます!

そう、オレンジカルサイトの原石!!

 

f:id:sacodesu:20201214154323j:plain

マグカップは100均ちゃんです。

 

和風 が良くて買ったのに、まさかの中国製だった~w

 

ワハハ!こりゃやられましたわー (;´∀`)

 

でもいいや、可愛いもんね。