茶飲みアリクイ雑記帳

大好きなお茶の話やオオアリクイのグッズ収集、たま~にうちのにゃんこ(カメラ嫌い)の話などなど … 基本身の丈に合った生活を楽しんでおります。

ボツ写真で遊んでみた

f:id:sacodesu:20201027170302j:plain

相変わらずカメラのレンズを向けた途端視線をはずすうちのつくしくん。

さっきまで上機嫌でゴロゴロと喉を鳴らしていたのになんで急に横向くんだ~い?

いいもんねー、だ。

じゃあ、ママは君の写真で遊んじゃうもんねー、だ!!

 

というわけで、こんな加工をして遊んでました。

 

f:id:sacodesu:20201027170710j:plain

なんか、この目の感じがそう言っているようにしか見えなかったので ……

本当のところははたぶん眠くて仕方なかっただけだと思います。

普段は可愛いんですが眠いと悪役商会のオッサンみたいな怖い顔になる(笑)

 

f:id:sacodesu:20201027171244j:plain

これ、たまに見かけるセリフなんですが実は元ネタを知らないのです。

何でしたっけ? 目線の位置とかたぶんこれであってます… よね??

なんとなく空を見上げて今はもういなくなってしまった仲間を偲ぶ感じ。

 

f:id:sacodesu:20201027172302j:plain

これなんかはもう完全にボツ写真です。

動きが素早くて、連写してもブレがちなにゃんこの写真にはこういうクッサい

感じの少年漫画風のセリフが妙にハマるんですよねぇ~~ (*´∀`*)

 

 

まあ、相変わらずマイペースなつくしくんです。

 

 

 

お手軽「栗」

f:id:sacodesu:20201008123114j:plain
毎度おなじみのルピシアの緑茶フレーバーティー「栗」でございます。

緑茶系ではありますが、濃いめに淹れてミルクティーにしてみました。

以前同じ緑茶フレーバーティーの「ソレイユルヴァン」でも同じようにやった

ことがありましたが意外とさっぱりしていて美味しいんですよ。

味は抹茶オレをライトにしたような味ですが抹茶オレほど色が濃くないので

ほぼほぼ白に近いうぐいす色になる…

うん。正直、色合いは微妙(汗)

 

f:id:sacodesu:20201008124322j:plain
色は以前ソレイユルヴァンで試した時とほぼ同じような感じなんですが、

こちらの方がやや飲みやすいです。

栗と牛乳は相性良いですもんね (^-^) ~~~♫

一応茶こしを通したんですが、細かい茶葉の粉が浮いてしまいました…

緑茶フレーバーティーは茶こしを通しても細かくなった粉状の茶葉が浮きやすい

気がします。埃みたいに見えるのでちょっと哀しいです(泣)

 

これは推測ですがソレイユルヴァンのベースの緑茶はこの「栗」のそれとは

おそらく違う物だったのではないかと思います。

ソレイユルヴァンの方はそもそも茶葉の形状が細くて抽出中に崩れやすく、

使い始めの頃はそうでもなかったんですが後半になるとほとんど

「これは粉末ですか?」ってぐらいに粉々の崩れっぷりで…

茶液も濁るしガッカリでした。

 

それさえなければ美味しくて大好きなんですけどね、ソレイユルヴァン。

「栗」の方がベースの茶葉はしっかりしているのですが……

まあ、そもそも緑茶フレーバーティーをミルクティーにするなどということ自体が

ルピシア様にとっては 狼藉 想定外なのかもしれません。

 

f:id:sacodesu:20201008123330j:plain

お茶の友はお手軽に無印良品の「不揃い マロンスコーン」

無印のお菓子ってお手頃なのに安っぽくなくて良いんですよね~~。

生地にマロンペーストが練り込まれているらしく ガッツリ香る!

ところどころ2~3ミリぐらいのものが入っているのは甘栗のカケラかな?

これが香ばしくて、とても合います。

結構甘かったのでお茶には甘みは要らなかったですね。メモメモ…

 

f:id:sacodesu:20201008124920j:plain

栗を淹れた後のポットですが、速攻で洗わないと匂いがポットに移って残ります。

栗に限らずフレーバー系を淹れた後のポットは 丁寧に二度洗いするぐらい慎重で

いいと思います。何ならウチみたいに狭い部屋に住んでいると、微かにですが

結構長い時間残り香が漂います。

 

 

 

 

秋なのに

f:id:sacodesu:20201011154818j:plain

段々と秋も深まって来たかと思いきや、こちら南関東はまだうっすらと汗ばむ

ような日がぽつぽつとあり……

先日もちょっと動くと袖をまくらずにはいられないような暑さで、夫が

「アイスティーが飲みたいなー」などと言うので渋々淹れました。

(普段コーヒー党の夫も休日でのんびり気分の時は結構紅茶飲みます)

茶葉はメルローズの2種類をミックス。

4分の3ほどがアッサム、4分の1ほどがアールグレイという割合です。

夏場ではないのでアールグレイはもう少し減らしても良かったかな~。

ていうか、夏はアールグレイじゃなくて断然レディグレイ派ですが。

 

f:id:sacodesu:20201011160722j:plain

ヤマザキ「ごろごろとしたさつまいも蒸しぱん」

本当にゴロンゴロンさつまいもが乗っている蒸しぱんです。美味しい ♪

直球ど真ん中ネーミング!!

蒸しぱんはすぐお腹が膨れるので半分サイズにカットして食べました。

食欲の秋、さつまいもがミルクティーに良く合います。

そういえば、白い生地のおまんじゅうに角切りのさつまいもの乗ってるやつ…

「芋まん」とか「鬼まん」っていうんでしたっけ?

 あれ、美味しいですよね。昔はコンビニで中華まんと同じケースで売られていて

ほっかほかのを食べられたけど最近はあまり見かけなくなった気が…… 

 

f:id:sacodesu:20201011162029j:plain

実はコレ飲んで数十分後、本当に お腹に来ちゃいました(苦笑)

夏はガンガン冷たいもの飲んでもお腹壊さなかったのに、きっとお腹の中も

いつの間にか「秋シフト」になっていたんでしょうね(なんじゃそりゃw)

 

ともあれお腹が冷えるのでアイスティーに関してはもう今期は終了です!

また来年~~!

 

 

 

 

まねっこミックスマッチ

f:id:sacodesu:20200929115847j:plain
イギリスのロンドンでは何年か前からミックスマッチ(ミックス&マッチとも)

というのが流行しているそうです。

簡単に言うと、アンティークのカップ&ソーサーのコレクターが、本来の正しい

組み合わせのカップとソーサーをそれぞれ雰囲気や色柄などが似ている別の

カップやソーサーと組み合わせてマッチングを楽しむということらしいです。

 

f:id:sacodesu:20200929121654j:plain

 

※以下はあくまでも 庶民のひがみ 想像です※ 

 

奥様A「今日はお招きありがとうございます。今日も素敵な茶器ですこと…」

奥様B「オホホホ、奥様、よくご覧になって。微妙に絵柄が違ってますでしょ?」

奥様A「まあ、ミックスマッチでしたの? 違和感がなくて気づきませんでしたわ!

さすがは〇〇様の奥さま、センスが洗練されてらっしゃるわぁ。このカップ

薔薇柄に同じお色のリボン柄のソーサーを合わせるなんて本当に素晴らしい♥ 」

奥様B「ありがとうございます。でも先日拝見した奥様の銀器のコレクションも

素晴らしゅうございましたわ♥ … オホホホホホホ」

 

まあ、コレクターさん同士の一種のお遊びですよね。

とはいえカップの持つ雰囲気を極力壊さぬようにしつつ、本来のソーサーにも

負けない素敵な組み合わせになるソーサーを選ぶというのは、大いにセンスが

問われるところであります。

 

皆さま既にご存知のように私はお金持ちでも何でもない「ザ・庶民」であります。

でも、アンティークのカップ&ソーサーなんて持ってなくてもその発想を真似る

ことなら庶民でも出来そうですよね。

だって想像するだけで楽しそうですもん(≧∇≦)!

試してみない手はないですよね!

 

ということで……

 

f:id:sacodesu:20200929121730j:plain

 

f:id:sacodesu:20200929121757j:plain

先ほどの NARUMI のカップに MIKASA のソーサーを合わせてみました。

どうでしょうか?

ソーサーの方に 金色の縁がない ということのみに注目してしまえば

大きな違和感 若干の貧乏臭さ を覚えますが、色や全体の持つ

雰囲気(ともにかすれたような感じ)という点においてそこそこ合っているん

じゃないかなぁ… とも思います。

100点満点だとしたら、とりあえず35点ぐらい取れた

かな~という感じ(苦笑)

 

このソーサー、実は5年ぐらい前に相方のカップだけが割れてしまったんです。

なので残ったソーサーにはずっと寂しい思いをさせてきたんですが、このカップ

だったら文字通り「いい茶飲み友だち」になれるのでは?

……なんてね。だから私にとっては35点でもいいんです。

 

割れてしまったカップはコーヒーと兼用で使えるタイプの寸胴体形だったので

ソーサーの窪み部分も直径が広く、ちょっとしたおやつ皿にもなるのです。

気に入って買った器だもの、ソーサーだけでも頑張って長生きしてもらいたい。

 

まあ、要は「ただの貧乏性」っていうことですネ(笑)

 

 

 

 

 

娘の味覚

f:id:sacodesu:20201005123929j:plain

ほぼ同じ時期に開封したメルローズの「アールグレイ」と「アッサム」です。

夏の名残の暑さが去るのとちょうど同じタイミングでトワイニング

レディグレイ」が切れ、続いてF&M「ロイヤルブレンド」が切れましたので、

今後ミルクティーはこのメルローズのコンビで淹れることになるかと思います。

 もちろん秋冬に飲んでも問題ないんですが、自分の中では「レディグレイ」は

セレッシャルの「レッドジンガー」と並んで「夏」の香りなんです。

なので、それらは来年のゴールデンウイークぐらいまでサヨナラ~。

 

f:id:sacodesu:20201005135512j:plain
メルローズアールグレイの茶葉はこんな感じ。

以前飲んでいたリッジウェイとは香りがちょっと違います。

リッジウェイは針でチクンと刺されたようなシャープでシックな渋めの香り。

メルローズはパーッと明るく広がる爽やかな香り。これだけ香り立ちが良いなら

いつも以上に少量をミックスするだけで効きそうです。

アールグレイはブランドによって香り立ちが全然違うので本当に面白いです。

これが飲み終わったらまた別のブランドの物も買ってみたい。

 

f:id:sacodesu:20201005135551j:plain

こちらは「アッサム」の茶葉です。

私としては特に不満もなくミルクティーで楽しんでいるのですが、この間娘に

淹れて出したところ、ふた口ほど飲んですぐに

「んー? なんか味が違うね。もしかして茶葉替えた?」と鋭いひとこと!

私がうなずくとポツンと

「これも悪くないけど、前のミルクティーの方が美味しかったなー」と残念そう。

 

Σ いやいや、キミ、すごいなっ!

 

f:id:sacodesu:20201005135718j:plain

確かにロイヤルブレンドの方がまろやかだったけど…

アールグレイで香り付ければわかりにくくなると思ったのに、もしかして意外と

舌が肥えてたりするのか。ていうか、私の味覚が鈍いんだろうか…  (`;ω;´)

母はちょっと悲しくなってきたよ。

 

f:id:sacodesu:20201005135815j:plain

お茶の友は 三ツ矢製菓の「おからクッキー」

おから感丸出しのものも多い中、このメーカーさんのはなかなかの美味!

夫に「このおからクッキー美味しいから食べてみて!」と言ったら

「えぇぇぇ… おからぁ?? じゃあ1個だけ貰っとく」

なんて言っていたのに食べ終わった途端

「うそっ!これフツーに美味しいんだけど?本当に入ってるの!?」

ですからね。

ふっふっふ… 安くて美味しいものを探すのだけは得意なんでぃ!

近所のスーパーで購入しました。お値段もお手頃なのでまた買おうかな。

 

f:id:sacodesu:20201005135954j:plain

今回初登場のこのカップ&ソーサーは NARUMI 製。

なかなか見かけないヘンテコな、よく言えば個性的な格好いい柄です。

ティーカップでは珍しく年配の男性にも似合う渋めの柄。

この独特の黒くてもわもわ~っとした感じがたまらないです。