茶飲みアリクイ雑記帳

大好きなお茶(主に紅茶)の話やオオアリクイのグッズ収集、たま~にうちのにゃんこ(カメラ嫌い)の話などなど … 身の丈に合った生活を楽しんでおります。

まねっこミックスマッチ

f:id:sacodesu:20200929115847j:plain
イギリスのロンドンでは何年か前からミックスマッチ(ミックス&マッチとも)

というのが流行しているそうです。

簡単に言うと、アンティークのカップ&ソーサーのコレクターが、本来の正しい

組み合わせのカップとソーサーをそれぞれ雰囲気や色柄などが似ている別の

カップやソーサーと組み合わせてマッチングを楽しむということらしいです。

 

f:id:sacodesu:20200929121654j:plain

 

※以下はあくまでも 庶民のひがみ 想像です※ 

 

奥様A「今日はお招きありがとうございます。今日も素敵な茶器ですこと…」

奥様B「オホホホ、奥様、よくご覧になって。微妙に絵柄が違ってますでしょ?」

奥様A「まあ、ミックスマッチでしたの? 違和感がなくて気づきませんでしたわ!

さすがは〇〇様の奥さま、センスが洗練されてらっしゃるわぁ。このカップ

薔薇柄に同じお色のリボン柄のソーサーを合わせるなんて本当に素晴らしい♥ 」

奥様B「ありがとうございます。でも先日拝見した奥様の銀器のコレクションも

素晴らしゅうございましたわ♥ … オホホホホホホ」

 

まあ、コレクターさん同士の一種のお遊びですよね。

とはいえカップの持つ雰囲気を極力壊さぬようにしつつ、本来のソーサーにも

負けない素敵な組み合わせになるソーサーを選ぶというのは、大いにセンスが

問われるところであります。

 

皆さま既にご存知のように私はお金持ちでも何でもない「ザ・庶民」であります。

でも、アンティークのカップ&ソーサーなんて持ってなくてもその発想を真似る

ことなら庶民でも出来そうですよね。

だって想像するだけで楽しそうですもん(≧∇≦)!

試してみない手はないですよね!

 

ということで……

 

f:id:sacodesu:20200929121730j:plain

 

f:id:sacodesu:20200929121757j:plain

先ほどの NARUMI のカップに MIKASA のソーサーを合わせてみました。

どうでしょうか?

ソーサーの方に 金色の縁がない ということのみに注目してしまえば

大きな違和感 若干の貧乏臭さ を覚えますが、色や全体の持つ

雰囲気(ともにかすれたような感じ)という点においてそこそこ合っているん

じゃないかなぁ… とも思います。

100点満点だとしたら、とりあえず35点ぐらい取れた

かな~という感じ(苦笑)

 

このソーサー、実は5年ぐらい前に相方のカップだけが割れてしまったんです。

なので残ったソーサーにはずっと寂しい思いをさせてきたんですが、このカップ

だったら文字通り「いい茶飲み友だち」になれるのでは?

……なんてね。だから私にとっては35点でもいいんです。

 

割れてしまったカップはコーヒーと兼用で使えるタイプの寸胴体形だったので

ソーサーの窪み部分も直径が広く、ちょっとしたおやつ皿にもなるのです。

気に入って買った器だもの、ソーサーだけでも頑張って長生きしてもらいたい。

 

まあ、要は「ただの貧乏性」っていうことですネ(笑)