茶飲みアリクイ雑記帳

大好きなお茶(主に紅茶)の話やオオアリクイのグッズ収集、たま~にうちのにゃんこ(カメラ嫌い)の話などなど … 身の丈に合った生活を楽しんでおります。

セイロンティー

f:id:sacodesu:20200804103832j:plain
アーマッドの「セイロンティー」です。

ティーバッグで、中の茶葉はCTCタイプで砂のような細かい粒状です。

アーマッドは以前ダージリンアールグレイをリーフで淹れて飲んでいて

どちらも美味しく(コスパ最強じゃないかしら)と思っていたのでそれなら

ティーバッグでも美味しいだろうと思い、買ってみました。

セイロンティーとあるので複数の銘柄をブレンドしたものですね。

 

f:id:sacodesu:20200804104131j:plain

やっぱりアーマッドはコスパが良い!

 

f:id:sacodesu:20200804103920j:plain
リーフと同様、香りの広がり方が良く美味しいです。

同じセイロン(スリランカ)のディルマのティーバッグはカットされた茶葉が

そのまま入っているため、比べてしまうとコクとかうまみはやや弱いかなと

感じますが、香りの点で言えば全然遜色ない ので、入手のしやすさ等も

含めて総合的に見るとアーマッドの方がコスパ良し、となります。

毎日気軽に飲む紅茶としては最適だと思います。

 

f:id:sacodesu:20200804104059j:plain

お茶の友は、ヤマザキ「北海道チーズ蒸しケーキ mini 」

北海道チーズ蒸しケーキにこんなミニサイズがあったこと、つい最近まで

知りませんでした。4個入りで個包装っていうのも魅力的~ ♥

もうすぐアラ還でカロリーが気になる私としてはお茶の友ならこっちの方が

分量的にもピッタリ!味はそのままで美味しいし、コレまた買~おうっと ♪

 

 ちなみにセイロン(スリランカティーの銘柄の代表的なものは5種類あり、

そのまま「ファイブ・カインズ・ティー」と呼ばれています。

 

 

ファイブ・カインズ・ティーとは?

 

 ●ウバ● 

世界三大紅茶の一つ。水色は赤褐色でコクがあり ミルクティーに最適

クオリティシーズン(旬)は7月~9月だが乾季のため収穫量が少なく高値に

なりがち。インドのダージリンが「マスカットの香り」と喩えられるのに対し、

ウバは 薔薇の香り に喩えられる。

強い渋みと深い味わいの、まさに「大人」向けの茶葉。

 

ヌワラエリア

日本では リプトンの「クオリティセイロン(青缶)」のベース となっている

茶葉として著名な銘柄若草のような香りと爽やかな渋み があり、

水色は明るいオレンジ色 でとても美しい。水色が綺麗なのでアイスティー

したくなるが渋みがネックになるためあんまり…  ストレート向き。

 

 ●ディンブラ●

迷ったらまずコレがおすすめ。水色は赤褐色。そのまま ストレート美味しく、

少し濃いめに淹れれば ミルクティー でも美味しく飲めるという、

セイロン(スリランカティーを代表する茶葉とも言える 優等生。

クオリティシーズンは1~3月とされるが、量産期は4~6月と10~11月(雨季)。

 

●キャンディ●

どんな茶葉とも仲良くできる 優しい(?)茶葉。

タンニン少なめのため アイスティー やフルーツを使った アレンジティー 等に

活躍してくれる。ストレートで飲んでも美味しいが他の茶葉と比べ個性がやや

弱いため、ミルクティーにはあまり向かない。

ちなみにキャンディは他の茶葉に比べマイルドなため、子どもがお腹を壊した際、

水分補給に適量を薄めて与えることもできるそう。

 

●ルフナ●

セイロン(スリランカティーの中で唯一「地名=銘柄」ではない茶葉。

主に標高の低い地域で作られたお茶がルフナ(シンハラ語で「南」の意味)と

呼ばれている。コクがありミルクティーに向いている。

水色は暗い赤褐色でその風味は「スモーキー」と喩えられるが、あくまでも

「喩え」で、ラプサンスーチョンのように燻煙されたものではない。

なぜか 中東諸国で人気の高い 茶葉。

 

他にもウダプセラワやサバラガムワといった銘柄がありますが、残念ながら

私はまだ飲んだことがありません…